顔のテカリを抑えてクールにいくための方法

輝きのワケ

女性正面

皮脂がにじむ

朝は、洗顔料や冷たい水を使ってつくった爽やかフェイスで家を出ることができますが、これが昼になり、夕になり、そろそろ日が落ちるかなという頃になるとオイル顔になっている。そんな男性は多いでしょう。額や頬を中心に、蛍光灯の光を反射してテカリに覆われているその顔。これは、ちょっとばかり専門的な言葉を使うなら、皮脂がにじみ出ているという状態です。人の肌には、アブラでコーティングするかのように、表面にうっすらと脂肪分が浮き出しています。外からくるさまざまな刺激から肌自体を守るためのバリアの働きをしているものですが、男性ホルモンの影響で、もともと男性はそのにじみが激しいのです。つまり、男性として生まれたからには、ある程度は、テカリが出てしまうのは仕方のないことなのです。

毛穴から脂肪

上にも書いたように、皮脂には肌を守るという役割があります。顔には一定量の脂肪分が必要なのです。一定以上の脂が出てくるからテカリが目立ってしまうのであって、私たちはその余計に出てきた分の脂を取り除くという考え方のもとでオイル顔にさよならを言わなければいけないわけです。そこで気をつけたいのは、皮脂をにじませる毛穴の扱い方。顔に皮脂がにじむ、テカリが出るというのは、毛穴が開くことによって起きるもの。ですから、これを抑えたいと思うなら、必要以上に毛穴を開かないようにするということが、必要になるのです。