顔のテカリを抑えてクールにいくための方法

栄養をとろう

クリーム

ビタミンB

人が生涯のうちに聞くセリフのうち、いわゆる「耳タコ」レベルのフレーズに順位をつけるなら、おそらくこの言葉は上位に食い込んでくるに違いありません。いわく、「栄養をとりなさい」ということ。テレビの健康番組でも何やかやと言いながら結論はいつもそこに落ち着きます。初めての一人暮らし、家に電話をすると会話の最後のほうで必ずこの言葉を聞きました。だから、ここでこんなふうに書いても、「そんなの分かってるよ!」という感じでしょう。ただ、実は顔のテカリと食事で摂取する栄養素との関係は非常に密なものがあるので、これは聞き流すべきではありません。「顔のテカリを抑えるためには、栄養をとることが必要である」このことは、標語として部屋の壁に貼ってもいいくらい、大切なことなのです。具体的には、ビタミンBという栄養素に注目して、食生活を見直しましょう。

脂肪の代謝

ビタミンBの不足が招くのは、脂肪分の「代謝」のパワーの低下。ビタミンBが少ないせいで、代謝が上手くできなくなってしまうということです。この栄養素がちゃんと体内に取り込まれていれば、体内の古い脂肪分はちゃんとその場で分解され、排出ルートに乗ります。しかし、この栄養素が不足しているとき、体内では分解処理をすることが出来ません。仕方がないので、「古い脂肪分はそのまま毛穴から出すか」ということになるのです。顔のテカリとは、実に、ビタミンBの不足によって古い脂肪分がたっぷりの皮脂として体表に現れることをいうのです。そういうわけで、顔のテカリを抑えるにはビタミンBを多く含んだ食品を使い、食卓を彩る必要があります。メニュー的には、マグロ料理(みんな大好きお寿司の大トロ)、納豆ご飯、うな丼。そういったものがビタミンBを含んでいます。舌鼓をうちつつ、顔のテカリを消していきましょう。